精神不調で退職する人約13%も

精神不調で退職する人約13%も

ストレス社会となっている現代では、精神的に負担を感じたりストレスでうつ病になったりしてしまう若者が急増しており
その中でも特になりやすいのが、派遣社員・契約社員・過酷な労働をさせられている若者又はセールスを専門に扱っている正社員等が目立って多いという。
その多くの理由は、上司の理解があっても一緒に働く社員達が理解ないという事が現状で、それが負担になり精神的に不調をおこし、退社せざる得なくなる若者が約25・7%にもなっているのが現状です。


その中で特に「やる気が出ない・落ち込みがある」という声が出たり中には「会社に行くとだるくなったり、体が重い」という身体症状の人までいるといわれています。

性別や年代等の差は大して前後しませんが、退職後治療を受けながら日常生活を送る事が出来るという人のが割かし多くある傾向になっている。
だがその逆は3.3%と少人数だが治療をしながらも、日常生活が困難という若者も増えているのも現状のひとつになります。

そのため、改善策はやはり家族や職場そして友人などの理解が必要になってくるため治療して回復し、社会復帰してから再発するというケースも少なくないため心の健康を継続するには周囲の理解とその協力が必要になってきます。


コメントする