今の就活生、心身疲れ果てる

images

三年連続で改善に向かっていた大学生の就職率だが、企業に入るのは狭き門であり、現場の就活生は心身ともにへとへとな状態である。内定がなかなか得られないことに自殺を図ってしまう学生が出たり、エントリー100社という焦りもあるようでこの時期の就活生は大変そうだ。

「就活サイトに登録するとメールが山のように来てもう疲れた」
などの声も上がり、本気で死にたい、消えたいという考えが出てしまっているようだ。
大卒の就職率がいくらあがっていてもその中に入り込めなかった就活生は苦労に苦労を重ねている。それでも職を求め必死に活動する大学生を心配しながらも尊敬のまなざしで見守りたい。
就職という壁を乗り越えてもその職場でストレスや過労に苦しむこともあるので、就職したらまた次の壁がある。
それをうまくかわしていけるようになれるともっと働きやすくなるのだろう。


コメントする