里田まい「どこへでも主人についていくつもりだった」

田中まい

tanakamai

米ヤンキースへの移籍が決定した楽天・田中将大投手の妻でタレントの里田まいが23日に公式ブログを更新。ニューヨーク行きを報告するとともに、「主人が行きたい場所であればどこでも着いていくつもりでいました」と心境を吐露した。

20日以来のブログ更新となった里田は「主人のお仕事で、アメリカのニューヨークに行くことになりました」とヤンキース移籍をまず報告。米メディアでは、移籍に際して、まい夫人の意向がカギになる、なども報じられていたが、ブログでは「主人が行きたい場所であればどこでも着いていくつもりでしたから、無事就職先が決まって本当に良かったです」と覚悟していたことを明かした。
里田については、田中もこの日の会見で「妻は僕の意見を尊重してくれてます」と話している。
里田は「これまでもそうでしたが、新しいことを始めるときはいつだって勇気がいります。不安はもちろんありますし、挫折や困難も待っていると思います。でもそれ以上に強くなりたい、成長したい、乗り越えた先の景色を見たい。一歩踏み出すことが楽しみな自分がいます。そしてそんな機会をいただけたことに心から感謝します」と夫ともに迎える新天地でのチャレンジに決意を新たにした。
里田は田中のメジャー移籍に向けて、英語を勉強していたことが明らかになっている。
環境の変化の大きいメジャー移籍では、食事などの体調管理も重要なポイントである。「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格を取得し、手作り料理という内助の功で田中を支えてきた里田だが、メジャー移籍に伴い、大人気のブログがどうなるかも注目を集めてきた。
「そして、このブログはどこへいっても続けていきます。せっかく見てくださる方がいるなら・・・あと、ブログが好きなので続けたいです。引き続き、これからも応援よろしくお願いします!」とブログ継続も宣言した。
ブログの最後は「P.S.アイドルのDVDは一番最初に荷造りしましたよ(笑)というわけで以上です!」とおちゃめに締めくくった。田中は会見でニューヨークに持っていきたいものを問われ「ももクロのDVDと答え、会場を笑いで包んでいた。


コメントする