絶好調『半沢直樹』の影響で「やられたら倍返し」乱発の“ブラック社員”が急増中!?

images(2)

ブラック企業ならぬブラック社員が急増中、その背景に人気TVドラマ「半沢直樹」(TBS系)の影響があるという声が上がっています。

企業の人事問題を指導するコンサルタントによると「最近、上司の厳しい指導に、部下が過剰にパワハラだと騒ぎまくって上司に嫌がらせするケースが増えているんですが、先ごろ社内で聞き取り調査をしたところ、TVドラマの『半沢直樹』のマネをしたと話す社員が複数いた」ということでした。

ドラマ「半沢直樹」は作家:池井戸潤さんの『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』をもとにしたTVドラマで都市銀行に入行した主人公の半沢直樹は、内外からのさまざまな圧力に立ち向かっていく会社員の方には、共感する場面の多い番組で、原作どおりにTVドラマは、展開していきますが、原作作家の池井戸さんは、「半沢の真似はしないほうがいいですよ」と笑顔で語っているそうです。

実際に職場で半沢を気取れば痛い目にあうのは必至。言いたいことは半沢に言ってもらってすっきりすればいいのであって。

「10倍がえしです!!」「人事が怖くてサラリーマンが務まるか!」等会社で言ってしまったら大変なことになってしまうことにまちがいないですものね。

池井戸さんが半沢になりきって書いているというだけあって、視聴者でもドラマに同化してしまう方が多いのですが、私も含めて気をつけたいものです。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントする