TBS、テレビ朝日の「相棒」の再放送に対抗する構え10月の午後4時から報道番組をスタート

katousirubia

午後4時からは圧倒的にテレビ朝日の「相棒」の再放送がダントツの視聴率を稼いでいます。水谷豊主演の連続刑事ドラマは再放送ですら人気の高い番組です。そんな人気番組の後にニュース番組の番組「スーパーJチャンネル」は10%の高視聴率を叩いています。この流れはテレビ朝日にとって絶妙の番組編成なのです。

これに何とか手を打ちたいTBS。番組プロデューサーによれば、「各局のワイドショーが終わった午後4時は、ドラマの再放送の時間帯。生のニュースは放送されていないため、本当はドラマよりニュースを見たいとの視聴者の要望もあった。それに応えるため、放送を決めました」と説明しています。

そのような声を受けて、TBSは新しく番組を編成することになりました。TBSが10月から夕方のニュース番組「Nスタ」(月~金曜)は、今の開始時刻は午後4時53分ですが、それを午後4時まで繰り上げる方針です。

今までの放送の歴史の中、テレビ局全局含めてTBSは一番早いスタートとなります。キャスターを務めるのは加藤シルビアアナウンサー(27歳)です。加藤アナウンサーは「午後4時の女になります!」と強い意気込みを語ります。

放送は生放送でニュースを流すほか身近な話題の特集なども放送する予定です。フジテレビは既に対抗策を打っています。相棒に対抗しようと4月から「スーパーニュース」の開始時間を午後4時50分からのスタートを20分繰り上げ午後4時30分に変更しています。

「Nスタ」はこれより30分早い午後4時からのスタートとなります。ニュース番組の視聴率からすると、再放送ドラマからそのままチャンネルを変えずにニュースみるスタイルが定着しています。お昼の再放送ドラマはもはや定番ですが、テレビのニュース番組事情は今後どのように変わっていくのでしょうか。


コメントする