ストレス発散方法「王様の耳はロバの耳」現代版

350_Ehon_34354

王様はロバの耳をしていて、それをひた隠しにしますが、いつも髪を刈りに来る床屋は王様はロバの耳である事を知っていて口止めされておりました。

しかし床屋はなんどきでも黙っている事が出来ず、井戸の奥に向かって「王様はロバの耳」と大声を出して叫びますが、その声があらゆる井戸に伝わって井戸と言う井戸から「王様はロバの耳」と聞こえ、皆にロバの耳を知られてしまった王様は「これは皆の意見を良く聞ける様にロバの耳になっている」と打ち明けるお話です。(井戸ではなくささやいた言葉が風に乗ってというお話もあります。)

さてこの様に、なかなか自分より身分が上の人には、自分の本音や愚痴を言えないものですよね。ですから、昔と同じ様に自分より弱いものにあたってしまったり、暴力を振るってしまったりするわけです。ですが、弱い者であっても“心”は皆同じです。将来的に“トラウマ”となり また同じ様な事態が起きた時、その痕跡として精神的外傷を残してしまう事になるのです。自分は、いじめるつもりは、無くても集団になると感覚が麻痺する場合もあるでしょう。
そこで現代版「王様の耳はロバの耳!」と叫ぶ代わりに、皆さんが持っている携帯電話やスマートフォンに「ばかやろう」「○ね!」「○○やる!」「お前はクズだ」等…と大声で叫んでみるのはいかがでしょうか?傷つく人は、誰もいません。そしてお金も携帯の支払いだけで済むのです。もし故意に傷つけた場合は、修理代がかかりますから、大声で叫ぶだけ…にしてくださいね!


コメントする