米良美一、くも膜下出血と水頭症で二度手術していた

スタジオジブリのアニメ映画『もののけ姫』の主題歌で知られる歌手・米良美一さんが昨年末、くも膜下出血で倒れて緊急入院し、手術していたことが7日、わかった。今年に入ってからは水頭症を発症し、1月中旬に再手術。3月末に退院後、現在は復帰を目指してリハビリを行っています。

昨年12月、鹿児島で行われた講演会から帰京し、翌日の昼頃、都内の自宅でくも膜下出血を発症し、倒れているところをマネージャーが発見しました。都内病院に搬送され、緊急手術。その後、水頭症を発症して1月中旬に再度手術を行い、先月末に退院しました。

リハビリの状況については「脳外科の先生からも『体を使うことによってリハビリになる』とおっしゃっていただいているので、今は規則正しい生活をして、ゆったりする時間と(リハビリなどの)攻める時間のメリハリをつけ、家の中を歩いています」と説明。「これからもいろんな人を喜ばせる歌を歌えるように、今年の秋からは舞台に立っていきたい」と復帰への意欲を語りました。


コメントする