ヒット作海猿の原作者佐藤秀峰(さとうしゅうほう)がネットで離婚していたことを発表

satoushuho

「海猿」や「ブラックジャックによろしく」のドラマや映画のマンガ原作者の佐藤秀峰(さとうしゅうほう)本人のブロマガの7月30日付けの記事の中で離婚を明らかにしました。

原因は佐藤氏本人が妻以外の女性を妊娠させてしまったという不貞行為の結果だとしています。本人の「ブロマガ」では佐藤氏本人が妻にインタビューをしていくというスタイルで発表しています。冒頭から離婚の前日が結婚記念日だというのも実にシュールです。

自分の私生活が商品となる、これはあらゆるアーティストに共通のことなのかもしれませんが、実に痛々しいものです。

一部抜粋してみます
。”智美: 了解です。そうですね、離婚の原因は簡単にいうと配偶者の不貞行為です。私ではない女性を妊娠させてしまったとのことで、元夫から突然告白されました。”

”秀峰: え…!?…あー…、それは…大変ですね…。シャレにならな いと言うか、何と申し上げて良いのやら…。”

自分のやってしまったことを(妻以外の女性を妊娠させてしまったことをまるで他人がやったかのように質問しています。元妻の佐藤智美も淡々と応えます)

さらに引用します。
”智美: いえ、分かってないからそういうことをするんでしょうけど…。とにかく認知するということは決まっているので、そうなると夫婦を続けることに疑問を感じました。
私も子供を産んだことがありますし、元夫がやらかしたことや時期は想像がつく訳です。あの忙しい時期に 「このクソ野郎がっ!」 と思いました(笑)。

あ、いえ「クソ野郎共がっっ!!」ですね。”

このインタビューの調子が変に客観的なのですが、しっかりと感情は吐露しています。離婚という選択をしたお二人ですが、マンガの制作では協力関係は続くようですし、今後のお二人の活躍は新たな形で展開していくことになりそうです。


コメントする