女優・壇蜜が関西ローカルでドラマ初主演!サスペンスコメディに挑戦

danmitsu

 グラビアアイドルで女優の壇蜜がドラマに初主演します。TBSの大ヒットドラマ『半沢直樹』や、主演映画『甘い鞭』(公開中)など、着々と女優としての活躍の場も広げつつあります。

 関西ローカルABCの単発ドラマ『悪夢の六号室』(今冬放送)で、衝撃の結末が待つサスペンスコメディです。同作は、作家木下半太氏のデビュー作「悪夢のエレベーター」から始まる人気シリーズの最新作をドラマ化したものです。

 『半沢直樹』に続き、大阪で撮影と聞いて壇蜜は「ネオンまばゆい街並みは目を見張りますね。コインランドリーが近いホテルだとうれしいです」としたたかにリクエストしました。事あるごとに「(女優は)向いてない」と予防線を張る壇蜜ですが「向いていないことをご理解の上、選んでいただいたことは光栄です。善処いたします」とやる気十分でした。 。壇蜜は、「人を恨むのも体力と知力がいるものです。見終わったあとに、あんな女がいたら嫌だと思ってくだされば幸いです」と意気込みを語っています。

 今作で壇蜜演じる町田鮎子は、老舗和菓子屋の三代目の妻で、専業主婦。大人しくしとやかに振る舞うクールな美女だが、攻撃的で情緒不安定な一面があり…プロに夫殺しを依頼する“悪女”でもあります。

 大の女好きで浮気性の夫を殺そうとする鮎子の心情は「手始めに夫でも作れば味わえるかと思いますが、まだ契約書を交わしてませんので…」と、独身の壇蜜にとっては未知なるものだが、「粛々とその女性の気持ちに触れたいと思います」とも自分の心情も語っていました。


コメントする