広末涼子久しぶり連続ドラマ 「スターマン~この星の恋」最終回放送6.9%

images

絶好調 半沢直樹にみられるように、少し過激な演出やセリフが、話題となり、視聴率を稼ぐ番組は、30%代と絶好調の中、広末涼子主演のドラマ「スターマン~この星の恋」の初回は、10.5%と何とか2桁を獲得したもののその後は1ケタと低迷した。

平均すると全10話の平均視聴率も広末の控えめな性格をあらわすかのように8.5%だったそうです。広末が演じる佐和子がひとめぼれする相手は、福士蒼汰(20)NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主人公の初恋の相手を演じ北三陸高校潜水土木科の南部もぐりが得意な先輩が、上京後就職先で、挫折し、今は、寿司職人として“弟子入り中”という、一風かわったあまちゃんの彼氏も演じている。

スターマンでは、実は、宇宙人という設定の重田(國村隼・57)の首だけが回ったり、星男(福士)が急に暴れだしたり、佐和子の同僚の祥子(有村架純)が、宇宙人だったりと、賑やかでなかなか面白く過激さでは、譲らなかったのですが、リアリティーという部分では、物足りなかったのかもしれないです。

でも個人的には、佐和子の住環境は、子供には、とても魅力的な住まいであったように思います。『視聴率がすべてか?』とTVドラマ界に問いたいところですが、日曜日の『半沢直樹』はうち毎週録画番組に確かに登録されています。


コメントする