生命保険は人生設計

私は、社会人になって生命保険セールスレディーの方が良く会社に来ては生命保険に加入しておくと安心出来ますよと。しつこく言われましたが仕事が精一杯で生命保険の事を説明されてもうわの空で聞いていましたが、数年経った後私は生命保険に入れないほどの病気をしてしまいもう生命保険にはどうやっても加入出来なくなりました。

これが、「後の祭り」と言う事だったのです。こんな私が言うのもおこがましいのですが、もし自分の事相手の事を思ってあげたいと思っている人がいるならば自分の好きな生命保険会社を選択してその中から自分に合った生命保険を選択する事をお勧めします。

例えば若い社会人の方は、交通事故・病気・災害・ケガに備えて加入をお勧めします。特に若い方は保険の加入が早ければ早いほど保険料がお安いと思います。既婚者の方は、奥さん、子供さんの事を考えてファミリー向けの生命保険に加入することをお勧めします。

なぜかと言うと旦那さん、奥さん、子供さん各保険が異なっていると保険料が高くなるのはご存知の通りの事と思いますが、各家庭の事情もあるので保険のプランは自由に設計出来ると思います。

中高年の方も若い時に加入していた保険をもう一度、病気・手術・通院・老後の事を考えてプランを自由に設計して新しく見直して見る事も良いかも知れません。生命保険は自分自身にとってのお守りと考えても良いでしょう。


コメントする