節約できない女?貧困女子が増加中!!

hinkon-jyosi

草食系男子やサブカル女子など、ナントカ男子、ナントカ女子と呼称することが流行っています。

今回は増えつつある「貧困女子」について調べました。
貧困女子とは「単身で暮らす女性の所得から家賃を引いて84,999円以下ならば貧困女子」とのことです。

貧困女子は人それぞれ色々な事情を抱えているようです。
訳あって実家で暮らせなかったり、夢があって収入が少なかったり、節約ができなくて単に貧困になっていたり…
毎月の収入でやりくりを工夫してるのはみんな同じです。
貧困女子は、生きることに精一杯、カツカツのラインで生きている女の子達のことをさします。
貧困女子の生活は、
「1日の食事がパン1個のみ」などひもじい事情や
「1日の食費は1500円」などというエンゲル係数が高めだったりで、貧困になったり、
「お風呂はシャワーのみで湯船には浸からない」
「冬場は毎日シャワーを浴びない」
などお風呂を節約していたり、
「美容院は半年に1回」
「服は防寒具以外買わない」
「化粧品は正月の福袋」
など、美容にかかるお金は最後に回しているようです。
古着などにもよく頼っているようで、最低限の身なりを保ちつつお金をやりくりしています。

日常生活の出費だけで貧困になっているのではなく、特別な出費がある人は貧困に陥りやすいです。
多いのが、奨学金の返済、ローン返済、スクール費用、親への援助などです。
奨学金の返済は、大学などに行った借金で、利子が安かったり、無利子の奨学金もあって比較的に返済しやすいのですが、私立芸術系や私立理系などに進んだ場合は多額になります。
浅く長く返していくものですから、奨学金の返済があっていつまでも結婚できない、なんてことも。
夢があったり、就職困難で習い事をしてその費用がかさんだり、親が病気をして養わなくてはならなかったり、様々な出費があります。
また、アパレル関係に勤めている人は、自社の服を買わなくてはいけなくて収入が少なかったりします。

節約ができない事情で貧困になってる人もいます。
前途の通り、食費1日1500円は高いです。
自炊したり工夫ができなくてエンゲル係数だけが高い人、部屋を掃除できない人にも貧困女子は多いです。
部屋を掃除できないとものをすぐになくし、同じものを何回も買うことに…

様々な事情を抱えた「貧困女子」がいますが、貧乏であることを周りにチラつかせたい女子のみに利用すべきで、頑張ってるのにお金がない人に対して「貧困女子」を決めつけるのは間違えかもしれません。


コメントする