六本木ヒルズ イルミネーショ開始!元AKB板野友美がスノークイーン

itano tomomi

11月5日、六本木ヒルズのクリスマスイルミネーションがスタートしました。同日開催された点灯式には元AKB48のメンバーで歌手の板野友美が点灯者“スノークイーン(SNOW QUEEN)”として出席しました。

 板野は、胸元とウエストにギャザーが入った優美なパープルワンピースに、クリスタルが施された「クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)」のハイヒール姿で登場した。スイッチに手をかざすと、彼女の後ろに広がる六本木けやき坂通り400mが一気に赤く点灯。

 けやき坂通りは2003年から、白×青の「スノー&ブルー」のイルミネーションで親しまれてきましたが今年は、六本木ヒルズ開業10周年を記念して、赤を基調とした「セレブレーションカラー」で彩られました。更に昨年の2倍にあたる合計約105万灯のLEDが使用されており、輝きが増しています。

 「今年のカラーはあったかくて素敵」と板野さん。その後赤いイルミネーションが「スノー&ブルー」に変わると、「どちらのカラーも素敵。(白と青は)冬らしい感じできれい」「温かくてすてきだと思います。すてきなクリスマスを過ごしてほしい」とメッセージしました。

 8月にAKB48を卒業し「1年くらいたったような気がする。最近はゆとりができました」と板野。「(クリスマスに)合わせて恋人をつくることはしたくない。いたら幸せと思うけど、じっくりと」と話し「3回パーティーしたい。メンバーと、家族と、家に風船を飾ってホームパーティー」とコメントしました。

  板野はTwitterでも、5日に六本木ヒルズのイルミネーション点灯式に参加したことを報告しています。


コメントする