ネスレ、「キットカット」40周年限定ありがとうバージョンで絢香テレビCM初出演

ayaka

ネスレは、「キットカット」の発売40周年を記念して、40周年限定ありがとうバージョンを発売、絢香(25)が出演するテレビCM「キットカット CM 40周年『ありがとう』篇」を公開しました。

 絢香は初テレビCMとなります。監督は「花とアリス」などの岩井俊二(50)が担当です。彼女の楽曲をバックに、岩井俊二ならではの映像美により、公園でお弁当を広げるビジネスマン、幼稚園の先生、バスの運転手などにキットカットを手渡すなどして、ありがとうの気持ちを伝えるというものです。

 絢香自身も、CMの中には最初に公園、最後に学校の靴箱の前でと、登場していて、15秒という短いCMながら、彼女の音楽と岩井俊二の映像美により、奥行きを感じさせるCMに仕上がっています。

 また、キャンペーンサイトでは、同楽曲のPVも公開されていますので、1分50秒というロングバージョンで、その世界観をじっくりと味わうことができます。

 キットカットは、1935年、イギリスのロントリー社がウェハースをチョコレートで包んだ「チョコレート クリスプ」を発売したことから始まっています。1937年5月には、「キットカット チョコレートクリスプ」と命名し、 1942年に「チョコレートクリスプ」という名前をパッケージから外して「キットカット」に変更しました。

 そして、1973年、日本でもキットカットが発売されました。現在では、日本は、イギリスに次ぐ、世界第2位のキットカット消費国となっており、日本で発売されたキットカットの種類はなんと100以上にも及んでいます。

 そんなキットカットの歴史を踏まえ、40周年記念キャンペーンが展開されています。同キャンペーンでは、キットカットの40周年限定“ありがとうバージョン”を発売するほか、パッケージをスマートフォンにかざすと絢香のキャンペーン書き下ろしソング「ありがとうの輪」をスペシャル3Dライブで楽しめるアプリを配布しています。


コメントする