自宅で簡単に美人サロン?乳液の裏ワザを知りましょう。

images

一般的に乳液の役割は、化粧水の潤いを閉じ込めフタをする事です。
その基礎化粧以外の乳液の活用法もあります。
水分と油分をバランスよく含む乳液は実は万能な美容アイテムなのです。

最近のトレンドは、しっかりカバーのメイクよりも素肌感の薄づきメイクで、リキッドファンデーションに乳液を合わせて使い、薄づきのスキンケアメイクになります。
乳液を足すことで、美容効果が高まり、伸びが良くなるコストパフォーマンス力も良くなります。

メイク中にまぶたにマスカラがついてしまったり、アイメイクが崩れたとき、乳液を綿棒の先につけてなぞるとメイクの修正ができます。
また、出先ではリップクリームも似たように綿棒につけてメイクの細かな崩れを直すことができます。

肌の乾燥同様、髪のパサツキや乾燥も気になります。乳液はアウトバストリートメントにも代用できます。アウトバストリートメントとは、洗い流さないトリートメントのことです。
使用法は、乳液を適量手にとって、頭皮や毛先になじませるだけです。また、水で薄めてスプレータイプの容器ボトルに入れれば、寝ぐせ直しにもなります。
アウトバストリートメントや寝ぐせ直しをうっかり切らせてしまった時代用するのにとてもいいですね。

肌の弱い方におすすめなのが乳液でのピーリングです。
ピーリングパックで角質をオフしたのはいいけど、肌がつっぱるという経験はありませんか。
やり方は、洗顔後、水気をよく拭き取り、たっぷりめの乳液でマッサージした後、熱めのホットタオルを顔に乗せ拭き上げると余分な角質が取れます。顔だけでなく、膝やかかとにも応用できます。

基礎化粧だけでなくマルチに代用出来る乳液、一回試してみるのは如何でしょうか。


コメントする