二次創作が可能となる”同人マーク”の運用が開始 同人マークについて詳しく解説!

dozin

漫画家などが、自分の作品を基にした二次創作物の配布を許可する「同人マーク」の運用が始まりました。週刊少年マガジンの8月28日発売号の赤松健さんの新連載で同人マークがプリントされています。

今まで二次創作物は作者の許可を得ず、黙認されてきました。しかし、TPPの導入により非親告罪化の可能性が出てきたため、黙認が出来なくなり、作者の許可を得ていない

そんな中、特定非営利活動法人のコモンスフィアは新たに「同人マーク」の制定を行いました。ライセンス1.0と同時に公開したFAQには「著作権侵害が非親告罪化した場合でも二次創作同人誌をより安心して作ることが出来ます。」といったマークの趣旨から、同人誌製作の際には審査や登録は不要でコモンスフィアは同人誌の内容に関与しないことが書かれています。

また、同人マークは二次創作同人誌の同人誌即売会での有償・無償による配布を認めるものであり、即売会以外での配布やデジタルデータやネット配信についてはこのマーク自体では禁止も許諾もしていないとの事です。

何も意思表示をしていない場合の二次創作に関しては従来と変わらないとしており同人マークによる許諾の範囲外での二次創作と配布については、現状と同様に同人誌製作者が判断することになります。しかし、原作者が同人マークと一緒にデジタルデータや同人ショップでの販売を許可する意思表示を追加することもできます。

TPP参加でこういった文化がなくなってしまうのではないかと一時はヒヤヒヤしましたがこういった制度があると安心ですね。これからもこのマークを表示した漫画作品が数多く登場することでしょう。

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントする