悲報!安くて便利なクロネコメール便が2015年3月31日に廃止

images
〜A4・1センチまで82円から送れる手頃で便利なクロネコメール便、その上追跡番号もついているのが人気のヒミツでした。

オークションをよく利用する人は重宝してたのではないでしょうか?
そんなクロネコメール便が2015年3月31日の受付分をもって終了します。

メール便は、信書(手紙や履歴書など)を送ってはいけないという法律があって、利用者が知らないうちに郵便法違反に問われてしまう危険性が発生するためです。
最近は「フリマアプリ」などますますネット上での取引が普及し、それに伴いメール便もコンビニで簡単に出せるなど、利用者が増え、「信書を知らないうちに送ってしまう」ことが増えたのではないのでしょうか?

ネットでは「『メール』便なのに手紙が送れないのがおかしい」という意見が多く寄せられています。
実際、利用者が郵便法違反容疑で書類送検、事情聴取されたケースも8件(2009年7月以降)発生しており、クロネコヤマトは規制改正を提案したが却下されたそうです。

今後は宅急便か普通郵便しか利用できないのでしょうか?
クロネコヤマトは今後の指針として、4月1日からはカタログやパンフレットなど、「非信書」であることを確認できた法人に対して「クロネコDM便」のサービス提供や、小さな荷物をやり取りするサービスの提供を示しています。
新しいそのサービスは、小さな荷物を専用ポストボックスでリーズナブルな料金で送れるもの、薄くて小さな荷物をポストに届けるものを予定しています。


コメントする