ウイルスは<生物>か!!! 巨大ウイルスを発見の歴史

image

今夏、米科学誌サイエンスの表紙をウイルスの写真が飾った。仏エスク・マルセイユ大学ジャンミエル・クラブリ教授らが見つけた巨大ウイルス「パンドラ」。ウイルスとしては 桁外れの大きさで、生物の常識を揺るがす発見という。このウイルスはいったい、どんなパンドラの箱を開けようとしているのか。

パンドラウイルスは、チリ中部の河口と、豪メルボルン近郊の浅い池の底で1種類ずつ見つかった。どちらも単細胞生物のアメーバに感染し、人間に害はないらしい。楕円形で長径が1マイクロメートル(マイクロは千分の1ミリ)遺伝子の数は2500以上。最も小さい細胞「マイコプラズマ」より10倍も大きく、遺伝子数は5倍になる。
巨大ウイルスの発見はこれが初めてではない。元祖は2003年、米サイエンス誌で紹介されたミミウイルスだ。1993年に見つかった当初は、その多きさ(0.7マイクロメートル)から細菌と考えられた。

大多数のウイルスとは違う増殖方法をとるパンドラウイルスは、2500ある遺伝子のうち、実に93%が自然界に存在する既知の遺伝子と何のつながりももっていないそうです。
言い換えればパンドラウイルスは全く異質存在なのです。

パンドラウイルス属は、アメーバに寄生するウイルスです。水中の堆積物中に豊富に生息するアメーバを調査した結果、これらの生物に寄生するアメーバに感染することでアメーバを餌にしていると考えられており、人には、感染しないとされています。

さらに大きな視点で言うとパンドラウイルスの発見は、「地球上の微生物に関する我々の知識がいかに浅薄なものであるかを示している」と研究チームでは述べているそうです。


コメントする