「23歳のダウン症の男性俳優が夢を実現」

23歳のダウン症の男性俳優が夢を実現

今、大ヒットしている「チョコレートドーナツ」という映画の作品で主演を勤めている
男性のダウン症俳優がいる。

その方は何と、23歳でチョコレートドーナツ以外にも他の作品に出てはその演技力で観客を魅了し
またもや、影響を与える存在となり注目を浴びてるそうで

彼の名は、アイザック・レイヴァ(23)で自らもダウン症と宣言しており、幼い頃にディズニー映画を見てから
俳優を目指したんだそうで、幼い頃に母親に「俳優を目指す」と告げたら
母親も若い頃は女優を目指していたらしく「強風を感じた」といっている。
だが母親としてその夢を邪魔してはいけないと自ら障害者でも、通える専門大学などを探しては入学させ

健常者でも中々なれなくて踏み出すのに難しい狭き門に挑戦する姿を応援し
オーディションにも参加。そして、今回の映画のオーディションで起用され監督曰く
「シンプルで美しい演技の中から感情が伝わってくる」といっており、本人も「小さい頃の夢が叶いました」
といい、泣いたそうです。

最後に監督は「彼は、演じることの喜びや興奮、そういった初心を思い出させてくれた」といったんだそうです。


コメントする