ハンバーグチェーン店びっくりドンキーで集団食中毒ノロウイルス

79acbcbf

季節が秋冬へと変わり、インフルエンザやノロウイルスが流行し始めます。

愛知県豊橋市保健所は31日、同市潮崎町の外食チェーン店「びっくりドンキー豊橋藤沢店」で食事をした客、22グループ48人がノロウイルスによる集団食中毒に感染し、同店を同日付で営業禁止にしたと発表しました。

同保健所によると発病したのは27日昼から28日夕までに同店でハンバーグディッシュなど食べた2歳から46歳までの男女48人が、28日から29日にかけて下痢や嘔吐などの症状を訴え、4人が入院しましたが、いずれも快方に向かっているとの事です。

同保健所の調査によると、患者のうち検便を実施した8人全員から、従業員11人中5人からノロウイルスが検出されました。
このうち、調理従事者の1人は26日から下痢などの症状があったといい、同店の従業員によって汚染されたことが原因の食中毒と断定されました。
同店は30日から営業を自粛していました。

今回の食中毒は調理が問題ではなく、従業員がノロウイルスに感染し、人から人への感染による食中毒でした。

ノロウイルスとはどんな食中毒なのでしょうか。
毎年11月から4月にかけて流行し、症状は、吐き気、嘔吐、下痢です。
症状は10回以上の時もあります。潜伏期間は短くて10数時間から1-2日、数日と短期間です。
症状が持続する期間も数時間から1-2日、数日と短期間です。
重症になる場合は、元々他の病気を持っていたり大きく体力が低下している場合に起こりえます。

治療法は、特効薬はなく、症状の持続する期間が短いので、その間に脱水症状を起こさないように水分を補給することです。場合によっては病院で点滴を受けます。
抗生物質は効果がないので対処療法として、吐き気止めや整腸剤などの薬を使用するのが一般的です。下痢が長びく場合には下痢止めの薬を投与することもありますが、最初から用いるべきではないとされています。

予防方法は、ノロウイルスにはワクチンもなく、感染力も強い為、感染を防ぐことは簡単ではありません。
流行期には感染の機会はいたるところにあり、症状を持ったまま学校などに登校させることによって人から人へ、どんどん広がっていきます。

調理と配膳に関して、人によっては感染しても発病せずに(不顕性感染と呼びます)、ノロウイルスを便から排出している場合があり、その場合知らずの内に感染させてしまう可能性は歪めません。
調理前と後は必ず石鹸で手洗いを行うこと、貝類はその内臓を含んだまま加熱調理する際には十分に過熱して調理し使ったまな板などの器具は熱湯消毒することです。配膳する際にも手洗いをすることが勧められます。

嘔吐物、下痢便物の処理にも注意が必要です。
ノロウイルスは塩素系の消毒剤(商品名:ピューラックス、ミルトンなど)や家庭用漂白剤(商品名:ハイター、ブリーチなど)でなければ効果的な消毒はできません。
マスク、手袋は清潔というより丈夫であることが要されます。ゴーグルなどでとにかく完全防備で処理しましょう。

ノロウイルスは大変感染力が強く、特効薬がありません。人に移さないように注意しましょう。


コメントする